2015年4月21日火曜日

スマホ家庭教師の回答、鮮やか&お見事!



中高生の勉強用に、最近では、スマホアプリがたくさんあるとは聞いていました。 実際にわが家の中学生も、スマホのビデオ授業を使ったりしています。

今回、スマホ家庭教師mana.boをお試し利用しました。[PR記事]

iphone とアンドロイド両方のアプリが出ています。私は普段アンドロイドを使っていますが、画面が大きいほうがみやすいかな、とiPadのアプリをダウンロードしました。

登録は1)ダウンロード 2)メールの確認 の2ステップでカンタン。 無料のポイントをいくつかの方法でゲットすることができます。 

インストール
 →1500ポイント(30分相当)の付与

「その他」メニュー内の「会員登録」への情報登録
 →1500ポイント(30分相当)の付与

さらに「くわしく登録」への情報登録
 →1500ポイント(30分相当)の付与

さて、何の質問をしようかな~~

中学受験はしていないけど、数学好きな息子がどこからか、日本一難しいといわれている灘中学の算数受験問題を探してきました(!!!)

案の定、途中でつまづきました。(やった!)


1) 問題と質問を送る

さて、問題部分を写真でパチリ。 途中まで自分で解いたプロセスを、文章に打ち込んで送ります。 ここで、回答まで待てる時間を指定できます。 さすがに灘中学の問題だからね~~と、回答時間は最長の3時間に設定。

2) 質問を見た先生の人数と立候補者が表示される

みるみるうちに、何人の先生が質問をチェックしたかが表示されます。 「いやいや、さすがにそんなにカンタンにこの問題を教えてくれる先生は見つからないでしょ」と、いったんその場を離れて10分。 戻ってみると、、、

4人の先生が指導に立候補していました(凄!)

3) 指導を依頼する先生を選んでスタート

立候補してくれた先生のプロフィール(在籍大学・学部と自己紹介文)をチェックできます。 東京大学、東工大、慶応大学など高学歴な先生ばかり。 4名が立候補してくれました。 一応全員分プロフィールをチェックして、最初に立候補してくれた先生に「指導を依頼」します。

すると、その先生は既に他の生徒さんとのセッション中。2番目の先生にお願いすることになりました。 

4) 指導開始

さっそく先生からチャットメッセージが来ました。 こちらもメッセージを返そうとするも、なぜか送れず。。 こういう不具合がよくあるのでしょうか、すぐに先生から「チャット送れない?」「音声に切り替えますか?」とのメッセージが。 

音声に切り替えて、指導スタート。 送った写真を見ながら、まずどこまでわかってどこからわからなくなったかを確認。 ホワイトボード機能を使って先生が説明しながら書いていきます。 

回答方法を説明するだけじゃなく、気をつけるポイントまで付け加えて指導。 その間、あっという間の数分間。 お見事!としかいいようがないくらいよどみない。 

5) 指導終了

本人が理解したかを確認して「じゃあ終了していいかな?」と終了です。 終了後フィードバック評価を送ることができます。

------------------------------------

感想

息子に感想を聞くと、「ものすごく分かりやすかった!」とのこと。 近くで説明を聞いていた私も、あまりのよどみなくわかりやすい説明に感動しました。 子どもの指導になれていらっしゃるのか、口調もとってもやさしくて安心できます。 

世の中にはこんなに賢い学生さんがいるのね~~と改めて感動・感心したのでした。

ただ、後でホワイトボードのメモを見返そうとしたら、もう見れないことが判明・・ 記録にとっておきたければ、スクリーンショットを撮るのをお忘れなく!

無料で120分間お試し後、有料プランに移行することができます。 

「どんなことを聞いたらいいのかわからない」という方には、具体的にどんな質問ができるのか、「みんなの質問」でチェックすることもできます。



120分の無料お試し期間にいくつかの質問ができるので、いくつか違う科目で試してみると良いですよ!


スマホ家庭教師mana.bo android版
スマホ家庭教師mana.bo ios版

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログのモニターに参加しています

0 件のコメント:

コメントを投稿