2014年10月28日火曜日

本格的なアウトドアブランドとしてのエディ・バウアーの魅力を再考してみた



先日、リンクシェアサロンでエディ・バウアージャパンの秋冬新作商品説明会へ参加して、ブランドや商品についてのお話を聞いてきました。{PR記事ではありますが、以下私の感想}

エディ・バウアーといえば、どちらかといえば「アウトドア風の街着」の印象をもっていたのですが、きいてみてビックリ。

思いっきり本格的なアウトドアブランド なんですよ~!

エディ・バウアーの高機能ウェアでエベレストにまで登っちゃったり、山岳スキープレイヤーも愛用していたり、と、「かなり」すごいレベル。


とはいえ、そんなハードコアなアウトドアライフをおくっている人はほんの一握り。 日常生活の中での「アウトドア」な局面、たとえば

* 屋外でのスポーツ観戦
* キャンプやピクニック
* 釣り
* アウトドアイベント全般

などで大活躍してくれる、エディ・バウアーのウェア。 極限でも耐えられる、ハイテク・高機能の商品を作っているメーカーのタウン向け商品だったんです。 

ファッションメーカーがアウトドア用に作った商品と比べれば、経験値やノウハウの違いは明らか。 細かいデザインや素材の作りこみ方が違います。


最近、安価なファーストファッションが花盛りで、お洋服はワンシーズン着て処分、というファーストフードみたいな着方も増えてきましたが、そうではない、しっかりした機能性のお洋服こそ、見直したいな、と思います。


正直、ファーストファッション系のお洋服を着ていて、街でかぶりまくる、というのが最近ではうんざり、というのも本音。 品質がよくて数年の着用にも耐えられる定番、かつトレンドも取り入れたデザインのお洋服こそ、ワードローブの中心としたいもの。


最先端のファッションデザイン、というわけではないけれども、機能性抜群のアウトドアメーカーのダウンジャケットやコートは、選択肢としては悪くないですよ!


お値段は、ファーストファッションブランドと比べたら、ちょこっと高いですが、「安い服」の縫い目の粗さ・雑なつくりが気になる人には、十分納得できるお値段・品質バランスだと思いました。


エディ・バウアー関連記事
ダウンジャケットの生みの親って知ってますか?

0 件のコメント:

コメントを投稿