2014年10月20日月曜日

セロトニン不足によるストレスに:中国ハーブのラフマ茶




皆さんは、日々のストレス対策には何をしていますか? 私は、ストレスがたまってくると、まずは「運動」とはいえ、ウォーキング程度ですが。

ストレスの原因は、脳内のセロトニン不足なんだそうです。 年を取ると、自然にセロトニンの量自体が減ってくるらしく、女性は特に量が不足しがち。

女性の場合は、毎月のホルモンバランスの変化はもちろん、ライフスタイルの変化など、ストレスを受けやすい環境にいますから、要注意です。

中国では、古くから、ストレス対策に「ラフマ茶」を使っていたそうです。 ストレス対策のハーブといえば、セントジョンズワートやバレリアン、カモミールなどが有名です。 

今回、モニター用にいただき、10日間ほど飲んでみました。 
セ・シ・ボン 

ラフマ茶とGABA配合のサプリです。 GABAは不眠によいといわれているみたい。

1日2粒が推奨されてます。 たくさんストレスを感じている方は6粒からはじめて、だんだん2粒へ調節していくのがいいみたい。


10日間では、大きな違いは感じませんでしたが、毎晩寝つきがよくなったのは実感あります。

ストレスが多い生活をしている方の予防用にいかがでしょう。

{PR記事}



0 件のコメント:

コメントを投稿