2014年10月20日月曜日

琉球発、長命草使用!南琉球青汁


健康食品の中でも、定番商品のひとつ「青汁」 手軽に緑黄色野菜をとれるので、根強い人気です。 青汁にも色々ありますが、今回ご紹介するのは、沖縄、つまり琉球発の青汁。

レビュー用に、従来の粉末タイプと、新発売の粒タイプをいただきました。

---------------------------------

南琉球青汁:南琉球 予那国島産の長命草

南琉球青汁の特徴は、予那国島産の長命草を使用している、ということ。

長命草(ボタンボウフウ)は、地元では、「一株食べると一日長生きする」といわれています。 地方ならではの、民間療法として使われていた食材が、今では、手軽なパッケージに入って流通しているんですね~

他にも、明日葉、大麦若葉の定番青汁成分はもちろん、植物性乳酸菌のフェカリス菌も入っています。

パウダー版は、牛乳に溶かしたり、ヨーグルトに混ぜたり、緑茶に混ぜたりしていただいています。 クセがなく、とっても飲みやすいです。



新発売の粒版は、持ち運びに便利。 外出先で、野菜が食べられないときや、旅行で外食続きのときに便利です。 

両方、上手に使い分けると便利ですね!

気になるお値段は、

粒タイプが2か月分で5,400円+税(送料無料)~
粉末タイプが1か月分で3,600円+税(送料無料)~

南琉球青汁“粒タイプ”発売記念 プレゼントキャンペーン


0 件のコメント:

コメントを投稿