2014年9月18日木曜日

iWire ブロガーミーティング

インフルエンサーワイヤー


電通&ブログマーケティングのアジャイルメディアのコラボプロジェクト、iWire(インフルエンサーワイヤー)しばらく前に説明会へ出かけ、サービスへ登録はしていたものの、ほとんど記事を書かずにおりました(すみません!)

iWire 関連の過去記事はこちら。

電通xブロガーのコラボPRプログラム iWireが始まるよ!

サービスの仕組みはこんな流れです。

1) 電通のPR(企業広報担当部署)が、クライアント企業から、ブロガーを通してPRしてもらいたい商品やニュース案件を受注する

2) 電通のPRライターさんが、ブロガーが記事にしやすそうな切り口で、iWire 専用のプレスリリースを作成。同時にブログ用素材もリリース。

3) アジャイルメディアが、iWire に登録済みのブロガーに配信

4) iWire プレスリリースを受け取ったブロガーは、書いてみたいと思ったらブログ記事にする(報酬はなし)=> ここ、重要。どうやって動機づけするかが肝。


iWire のテスト運用終了:これからどうなる?

今回、テスト運用期間が終わり、これまでのフィードバックとこれからについての意見交換会のブロガーミーティングが開催され、おじゃましてきました。

結論からいうと、運用開始して半年たったけど、あんまり記事が書かれていない(!!)

登録ブロガーへのアンケート結果、実際のコメントも紹介されました。 どれも「そうなんだよね~」と同意できるものばかり。

今後の方向性としては、

1) イベント・現物サンプリングなど、実体験の機会を増やす
2) プレスリリースの切り口は引き続き試行錯誤を重ねていく

の2つのようです。 

さっそくお土産にくじらの缶詰と本をいただきました。 追って記事書きます!
くじらの缶詰リリース:http://influencerwire.com/newsletter/vol/vol14/
ネイマールの自叙伝リリース:http://influencerwire.com/newsletter/vol/vol13/


メインストリームメディア vs ブログ

今回のミーティングでは、電通スタッフさんと意見交換をする時間もあったりで、とっても勉強になりました。

印象に残った点は、

電通=日本のテレビを頂点とするメインストリームメディアを仕切る存在 がメディアのルール、マナー、規制などにがんじがらめになっていること。

例えば、ある会社のPRリンクには競合他社や、ネットの情報源リンクなどは入れられない。社内の各メディア担当部との膨大な調整、などなど。 山のような制約の中でベストを尽くそうと努力されている姿に、正直、感動を覚えるくらいです。

そんな世界と対極にある、ブロガーの世界。 中にはプロのライター出身の方もいらっしゃいますが、基本的には素人集団ですから、大手メディアのルールや規制なども知りません。 結果、大手メディア側の人間からみたら、眉をひそめるような記事の書き方、行動だったりするわけで。

大手メディアの方々が、ブロガー=うさんくさい存在 と思っている理由が、今回よくわかりました。 


改めて iWire のリリースを見直してみた

ここで、改めて過去に配信されたiWire のリリースをみてみました。

http://influencerwire.com/

あらためて見てみると、ブログ素材用の写真やグラフなどがダウンロードできるようになっていて、けっこう使いやすそうです。 自分でグラフを手作りするのも面倒だし、写真もきれいな方がよいですものね。

今回、人気ブロガーで編集委員のコグレさんが、ご自身の記事の書き方を話されましたが、他人の iWire の使い方を知るのもヒントになります。


更にパワーアップして行きそうな(いくのかな?)iWire のPRサービス、今後が気になる方は登録してみるといいですよ!

インフルエンサーワイヤー(iWire)

0 件のコメント:

コメントを投稿