2014年6月18日水曜日

ジャイアントフリーペーパーで何度も楽しもう:「風立ちぬ」の奥深い世界


2013年の大ヒット映画、スタジオジブリの「風立ちぬ」6月18日にDVD・ブルーレイが発売になります。 

DVD・ブルーレイ発売と同時に、巨大フリーペーパーの配布も始まるそうです。 発売日に先がけてのプレス発表会に参加しました。

会場は、代官山蔦谷書店。 初夏の気持ちよい日です。


-------------------------------------------------------

トークショー:
「風立ちぬ」をジャイアントペーパーで再度味わい、楽しむ


大ヒット映画の「風立ちぬ」ですから、私も含め、「もう映画館で見ました」という人も多いと思います。 今回のDVD・ブルーレイは、そんな人も、「見逃した!」という初めての人も楽しめるために、特別企画が考えられました。

それが、ジャイアントペーパー

何しろ、巨大です。しかも、全国のツタヤやタワーレコードなど、DVD・ブルーレイ販売店で無料で配布されるフリーペーパーなんです。

どんな思いで、このジャイアントペーパーを作ることになったのか、トークショーで誕生秘話を聞きました。

登壇されたのは、編集責任者の幅允孝(はばよしたか)さんと、文芸評論家の市川真人(いちかわまこと)さん。 あとからスペシャルゲストとして、加藤夏希(かとうなつき)さんも登場されました。



1) ジャイアントペーパー誕生の背景

紙で「風立ちぬ」の作品世界を伝えたいとの思いがあった。 フリーペーパーがあふれているので、小さな冊子を作ってもうもれてしまうだけ。 インパクトがあるものを作りたかった。 本棚の片隅においてほしい。

「風立ちぬ」は今までのジブリ映画と違って「答えがない」「見る人が考える」ところが多いという特徴がある。

ジャイアントフリーペーパーは、考えを深める助けやヒントになるように作ってみた。

2) ジャイアントペーパーの読みどころ・ポイント

* 宮崎駿監督と、デイズニーのジョン・ラセターとの友情秘話。 鈴木プロデューサーへのインタビューを通して、2人の巨匠の交流や友情について、これまで知られていなかった話。

* 市川氏による、堀辰雄作品と映画「風立ちぬ」の読み方・見方。 映画「風立ちぬ」は堀辰雄の小説「風立ちぬ」とはまったく違う話。 でも、他の堀辰雄作品をあわせて読むと、映画に堀辰雄の世界観が表現されていることがよくわかり、数倍楽しめるはず。

* 「風立ちぬ」は余白の多い映画。 映画の中で疑問に思うことについて、ペーパーの中でいろんなヒントをちりばめることで、答えを出すのではなく、更に疑問がふくらむようにしている。 たとえば、映画の中で出てくるドイツ語の歌の日本語訳を紹介してみたり。 宮崎監督とジョン・ラセタの友情と、劇中の登場人物の友情話は関連するのか、しないのか、自由に想像しながら読んで、観て、楽しんでほしい。



3) 大人向け?の「風立ちぬ」の世界

他のジブリ作品と比べて、「大人の恋愛」もひとつのテーマとなっている「風立ちぬ」観る人が、人生のどんなステージにいるのかで、見方も変わってきそう。 去年と今年では、違うものが見えるかも。


-------------------------------------------------------------

まとめ&基本情報

「風立ちぬ」は、去年映画館でみて、よい映画だな~と思いました。 2度目を観てみる、というのは考えたことがなかったのですが、今日の話を聞いて、ぜひぜひ

ジャイアントペーパーを読んでから、2度目を観たい!

と思いました。 そして、

2度目を観てから、またジャイアントペーパーを読みたい!

と思います。 ひとつの映画作品で、これだけの楽しみ方ができるって素敵ですね~

基本情報:

「風立ちぬ」ジャイアントフリーペーパー:
配布開始:2014年6月18日(水)~なくなり次第終了
配布場所:全国100点のDVD販売店・書店など

6月18日(水)発売
DVD(2枚組) 4,700円(税抜き)
ブルーレイデイスク 6,800円(税抜き)

詳しくは、風立ちぬ公式サイトをご覧ください。

<PRです>


関連過去記事
映画「風立ちぬ」を見ました。


0 件のコメント:

コメントを投稿