2014年1月12日日曜日

初めてのよもぎ蒸し:美宮365°(ミグン)

青山に新しくオープンした、よもぎ蒸し専用スパの美宮365°(ミグン)さんで、よもぎ蒸しを初体験しました。 モニター体験です。

韓国旅行に出かけたときなどに、よくきく「よもぎ蒸し」
イメージは、こんな感じですけど、あの大きなスカート(チマ)の中ではいったい何がおきているんでしょう、というのが私にとっては永遠のミステリーでした。 

MiGung365 ウェブサイトより拝借
まず最初に

サロンの待合室は、ゆったりと素敵な雰囲気。漢方薬の香りがただよっていて、癒されます。



ソファでくつろぎながら、最初に持病や体調で不安なこと、当日の体調についての問診(?)があります。 どんな効果を期待するかを相談しながら、今日のメニューを決めていきます。



そしてお着替え。きれいな着替え室で、上の写真にあるようなスカートに着替えます。 お洋服、下着、靴下など全部脱ぎます。 生理中の場合は紙ショーツをお借りします。



よもぎ蒸しの仕組み

実際のスパルームはこんな感じ。オープンスペースになっていて、一度に8人まで入れます。友人とおしゃべりしながらリラックスタイムもよさそう。



よもぎ蒸しのいすはこうなってます。私もはじめてみました。 この椅子の上に、基本素っ裸、上の写真にあるような大きなスカートをはいて座ります。 ミグンさんでは、スカートは胸から下の半身浴スタイルだけど、肩からすっぽりのスタイルもあるみたい。

女性のデリケートゾーン部分と足元に大きな穴が開いていていて、そこから蒸気を体内に取り込みます。 デリケートゾーンの粘膜は有効成分の吸収率が高いんですって。

ミグン よもぎ蒸し
足元の箱を開けると、温泉水をぐつぐつ沸かしています。アメジストの石も一緒に入ってます。



ぐつぐつ湯気を立ててるお湯の中に漢方のエッセンス(粉状)を投入して、最初に決めたコースの漢方アロマ入りの蒸気を充満させます。 じっと座って30分。

漢方のエッセンスのパッケージ。韓国からの輸入品です。


じゃんじゃん汗が出るので、おいしい美容茶で水分をしっかり補給します。お茶があんまりおいしいので、ポット全部をのみほしてしまい、お代わりまでいただいちゃいました。



温度が熱すぎたり、低すぎたりしたときは、手元で調整できます。スタッフさんもちょこちょこ声をかけてくれるので、「う~ん、あついけど困ったなあ」なんてことはありませんでした。


私はよもぎ蒸しがはじめて、ということもあり、少し低めの温度設定ではじめたのですが、それでも15分くらいたつと、汗がじゃんじゃん出てきて、スカートの外に出ている手や肩、顔までぽかぽかしてきます。 漢方の蒸気も吸い込んで、きいてる感いっぱい。

30分でスパは終了。 体から出た老廃物を目で確認します。 

お着替えしたあとに、もう一度美容茶と、消化によさそうなおかゆをいただきました。 美味でございました。


豆知識

よもぎ蒸しは、韓国では出産後の女性が子宮の回復を早めるために通ったり、女性特有の症状、生理痛や更年期などのつらい症状の緩和のために通ったりするのが一般的だそうです。


私が気に入ったポイント

美宮さんのスパで、私が気に入ったポイントをいくつか。

* とにかくきれいで高級感漂うスパ
* スタッフさんが親切、かつプロフェッショナル
* ふつうのサウナだと頭がボーっとするけど、半身浴なので頭はスッキリ
* 下から上がる漢方の蒸気と、おいしい漢方茶とのダブル効果

とっても気持ちよい初体験でした。 

旅先の韓国で体験、もいいですが、普段の生活の一部として取り入れられたらなおさら良いですね。

基本情報

料金は、一回6,500円。今期間限定キャンペーンで、初回のみ半額3,250円。

来店時に次回の予約を入れれば、2回目以降もキャンペーン料金で利用できるそうです。(キャンペーン終了時期は未定)

ミグンさんは、韓国ですでに展開しているチェーンのスパで、日本上陸ははじめて。青山店がフラッグシップ店となって、これから日本全国へ展開していくそうです。 楽しみですね。



《住 所》
〒107-0062 東京都港区南青山7-10-15 4F

《受付時間》
11:00〜20:00(最終受付19:00)


《ご予約》
完全予約制

《電話番号》
03-6450-5744

《その他》
完全予約制、シャワールーム完備、女性専用、女性スタッフのみ、施術前カウンセリングあり

0 件のコメント:

コメントを投稿