2013年12月18日水曜日

YouTubeで料理動画をはじめてみよう!妄想グルメさん 書籍出版記念イベント

YouTubeで料理動画をはじめてみよう!妄想グルメさん書籍出版記念イベント

レシピブログさん主催の「YouTubeで料理動画をはじめてみよう!妄想グルメさん書籍出版記念イベント」に行ってまいりました。 場所は外苑前のアイランドスタジオ。


妄想グルメさん

今日の主役は、YouTubeで料理動画チャンネルでブレイク中の妄想グルメさん。 ご夫婦で料理動画を作っていらっしゃいます。 現在21万人のファン、9千万回以上の再生回数というすごいビデオブロガーさん。 今回初心者向けに、料理動画のはじめ方ガイドブックを出版されたので、記念イベントです。

本のタイトルはYouTubeは僕たち家族の日常をお金に換えてくれました 「動画投稿」という生き方・働き方 (一般書)



気になる、妄想グルメさんのYouTubeチャネルはこちら



妄想グルメの裏側:ご主人のトーク

妄想グルメさんトークショー
とってもゆるくて気さくな感じの妄想グルメさん、動画は無言で料理音のみ、声の出演はなしなんですが、お話もとってもお上手なんですよ♪ 

人気動画チャネル、妄想グルメの舞台裏をぶっちゃけてお話くださいました。 妄想グルメのコンセプトは 日常系ファミリー動画。 最初はできることをできる形でやってみたそうです。 機材も、最初はコンパクトデジタルカメラだったり、子供の成長記録用に買ったホームビデオだったり。 

何度もおっしゃっていましたが、できることでいいから、まずは始めてみることが大事だよ、というメッセージです。 中途半端でも何でもよいので、最初はたくさん動画をあげてみて、やりながら学んでいけばいい、とのこと。

料理、ブログ、動画、それぞれの質を高めるコツは少しずつ違うので、トライアンドエラーでやってみるしかない。

妄想グルメさんの場合は、トークが得意でない、ルックスも平凡だったので、自分の声とビジュアルの出演はしていないけど、ルックスがよければどんどん出ればいいし、トークがうまければじゃんじゃん話せばいい。 できることで、というのがキーポイント。


料理動画を作るときのコツ

動画の長さはできれば3分以内、3分から5分におさめる。 長い動画は分割して一本を短くするといい。

重要なのはつかみ、最初の15秒。もっといえば5秒。 最初のつかみの部分で先に何かあるぞ、と伝えきれないと見てもらえない。

=> 料理動画だけじゃなくて、ほかの動画作成にも参考になります

失敗したシーンも、それはそれでうけることも。 何がうけるかわからない。 自分にとっては当たり前のことでも、海外の人には新鮮だったりする。


人気レシピ「いちごマン」再現

90万回以上視聴されている人気レシピで、本の表紙写真にもなっている「いちごマン」を目の前で再現していただきました!

いちごマンの動画はこちら。 とってもかわいいのに、実はカンタンなんです。




いちごマン再現中の奥様。


出来上がり。かわいい~~ 海外からも Kawaii! のコメントがついてるそうです。


たくさん並ぶと、また強烈なかわいらしさ。

ショートケーキにのせていただきました。 ごちそうさまでした。



まとめ

妄想グルメさんのレシピは、こったものじゃなくて、家庭にあるものや、100円ショップの道具でカンタンに作れるものばかり。 アイデアの勝負なんだな~と思いました。 

できることをできる形で、できるだけハードルを低く、というのもよくわかる。 私もせっかくなので、動画も撮ってみようかな。

最後に、お土産でいただいたのはグーグル特製キャンディ。 これはレアアイテムですよ~~


スタッフの皆さん、ありがとうございました。



2 件のコメント:

  1. 昨日はご参加いただきまして、ありがとうございました。司会を務めさせていただいた編集者です。
    どうぞ、ぜひ動画投稿にチャレンジなさってみてくださいませ! 

    返信削除
  2. ありがとうございました。妄想グルメです。何かわからないことがあったらアメブロやツイッターなどで質問してください。よろしくお願いします。

    返信削除