2013年10月8日火曜日

宮崎陽江 ヴァイオリン協奏曲の夕べ

昨晩は、紀尾井町ホールで開かれた 宮崎陽江 ヴァイオリン協奏曲の夕べに出かけてきました。 東京シテイ・フィルハーモニック管弦楽団との共演です。

宮崎陽江 ヴァイオリン協奏曲の夕べ 紀尾井町ホール
例によって、何の予備知識も持たずに、ぶらっと出かけたのですが、、

すばらしかったです。

選曲は、モーツアルト、パガニーニ、フォーレの親しみやすい曲で、私が知らない曲が多かったのですが、ヴァイオリン演奏の技、微妙な音色がしっかり感じられる良い曲ばかり。宮崎さんのパフォーマンスも堂々としていて、ステージ栄えもばっちり。

オーケストラの指揮者、矢崎彦太郎氏も、マエストロ・コバケン(小林研一郎)ですか?というくらい(笑)の指揮パフォーマンスでした。 

紀尾井ホールも、初めての訪問でしたが、木目調で格調高い雰囲気で、ロビーもホールも高級感ただよい、大好きな雰囲気です。

何より、私にとっては、フルオーケストラの生演奏を素敵なホールでじっくり聴く、というのが何よりの贅沢な時間 なのです。 

9月は、クラシック音楽では、室内楽の演奏会へ2度出かけただけなので、オーケストラは久しぶり。とはいっても、2ヶ月ぶりくらいですが。

やっぱりオーケストラのゴージャス感はたまりません。 

昨日のコンサートは、パナソニックと東京FMが後援しているらしく、普段私が出かけるクラシックの演奏会とは少し客層が違いました。 1)背広のサラリーマンぽい人が多い のと、2)大人のカップルが多い  普段は、一番多い観客は 1)定年後のサラリーマンが一人できている 2)30~70代くらいの女性、一人やグループ なんですよね。

昨晩は、海外のホールのように、大人の社交場の雰囲気も出ていて、素敵でした。

宮崎陽江さん、パナソニックのスポンサーもついていて、どういうご縁なのかと思って、少し調べたら、5年くらい前にパナソニックのCMに出演されていたんですね。そんな経緯もあって、日本にファンが多いのかな。

宮崎陽江さんの公式サイト:http://www.yoe.jp/
東京フィルハーモニック管弦楽団:http://www.cityphil.jp/
マエストロ・矢崎彦太郎:http://www.ses-amis.net/
紀尾井町ホール:http://www.kioi-hall.or.jp/

チケットぴあ

0 件のコメント:

コメントを投稿