2013年9月22日日曜日

Best of Les Freres: ベストオブ・レ・フレール

兄弟ピアノデュオのレ・フレールのコンサートに出かけてきました。場所は調布グリーンホール。
キリンホールデイングスの芸術文化支援活動の一環、キリンキッズシートプログラムでご招待いただきました。
ベスト・オブ・レ・フレール
レ・フレールについて

実は、レ・フレールについては、今回初めて知りました。兄弟ピアノデュオということで、5月に聴きにいった、川口兄弟(過去記事参照)みたいな感じかな~と思いながら出かけたのですが、川口兄弟が正統派クラシックよりなのに比べて、レ・フレールは、オリジナル曲を中心にした、ポップス&ジャズピアノです。

公式サイトはこちら:http://lesfreres.jp/japan/
ウィキペデイアにものってる!テレビやCM出演もされていて、人気のユニットです。

コンサート中のトークで出た、レ・フレール豆知識:

* 2人は2人兄弟じゃなくて、7人兄弟・姉妹(大家族!)
* お兄ちゃんがピアノ始めたのは11歳(ちょっと遅めなのにすごい!)
* ピアノは鍵盤数が多い特別注文。国内の演奏会には全部つれていく(珍しい~)
* ユニット結成当時は、幼稚園や学校での演奏会からはじめた(いいね!)
* それぞれソロ活動もやっている

他にも、キリンキッズシート招待者のみのアフタートークで聞いた豆知識:

* 毎日の練習時間は最低2時間
* 社会貢献活動にも力を入れていて、被災地への楽器寄付、公演などで活動

コンサートの感想

レ・フレールのコンサートの特徴のひとつに、「ゼロ歳児から入れる」があります。未就学児は入場不可、のコンサートが圧倒的に多いので、珍しい。幅広い人たちに門戸を開いて、音楽の楽しさを知ってもらいたい、というコンセプトだそうです。

コンサートの最中も、静かにじっと座って聴く、というのではなく、あちらこちらから赤ちゃんの声がきこえたり、テンポのよい曲では、手拍子打ちながら聴いたり、と、とってもカジュアルな雰囲気。

静かなバラード調の曲から、即興のブギウギまで、幅広い音楽が楽しめます。どの曲も、メロデイーラインがはっきりしていて、メインフレーズが繰り返し出てくるし、短い、と飽きない工夫が感じられます。 パフォーマンスも、ピアノの弦をミュートしてこもった音を出してみたり、2人の手をクロスさせて弾いたり、座る場所をクルクル交代したり、と見ていても楽しい。 おまけに、上部からのカメラで2人の手の動きを大スクリーンで見せたり、面白い演出が盛りだくさんです。

中でも圧巻なのが、ブギウギの即興演奏。 ものすごいスピードで動き回る2人の手とメロデイー。 即興なのに、どうしてあんなに息があって、ちゃんと曲になっているのか不思議でなりません。

とってもサービス精神にあふれるおふたりで、しかも、おふたり自身が音楽を心から楽しんでいるのが観客にもしっかり伝わってきます。 すばらしいコンサート、感動の連続でした。すっかりレ・フレールのファンになってしまいました。

コンサート入門のお子さんにも、本当に楽しい初体験になるのでは、と思います。まだまだ全国ツアーで回るようです。http://lesfreres.jp/japan/bol.shtml


キリンの芸術文化支援活動

今回ご招待いただいた、キリンのCSR(社会貢献)活動についても少し紹介します。キリンは、レ・フレールのコンサートの後援をしていますが、主に2つの理由があるそうです。

1)レ・フレールの、幅広い人たちに音楽の喜びを届けたい、という姿勢を応援している
2)レ・フレールの被災地支援の活動に共感、一緒に活動を展開している


コンサート会場にも、募金箱と、レ・フレール&キリンのメッセージがあり、集まったお金は、楽器を購入して被災地へ届ける活動をしているそうです。 その際に、現地でミニコンサートを開く、という活動もしているとか。

コンサート会場には、キリンキッズシートの担当の社員さんが何人かきていたのですが、何と、皆さん、普段はCSR部署で仕事しているわけではなく、社内の抽選で当選したそうです。 社員の皆さんも、コンサートをとっても楽しまれた、ということで、企業の横顔が見えて、親しみがもてました。

まとめ

最後に、肝心な、子どもの感想です。

「ピアノのコンサートっていうから、おじさんが出てくるかと思ったら、かっこいいお兄さんがでてきてびっくりした。 すごくかっこよかった」

今はピアノを習っていませんが、習いたくなったかも!?

チケットぴあ

0 件のコメント:

コメントを投稿