2013年9月30日月曜日

注文住宅を建てる際の必読書:資産価値の高い家づくり22の知識

資産価値の高い家づくり22の知識 を読みました。モニプラ経由で献本いただきました。

キャッチコピーは、
日本の家はなぜ30年で資産価値がゼロになるのか?35年のローンを組む前に必ず読んでください!


何か特定の工法や住宅メーカーの商品がよい、といった広告宣伝の本では全くありません。

注文住宅の戸建てを建てる場合に、家の資産価値と居住快適性を高める観点から、どんな点を注意したらよいのか、22の章にわけて、わかりやすく説明されています。

最初、不動産の価値や収益など、財務的な話なのかな、と思ったのですが、内容は、建築に関するテクニカル=技術的な話が中心です。

現在流通する住宅についてのコストの無駄をなくし、将来のメンテナンスがやりやすく、光熱費も節約でき、長持ちする家をどうやったら建てられるのか、実は、消費者の側もしっかり勉強していないとダメなんだな、と思いました。

家を建てる、となると、とかく目に見えるところにばかり目がいってしまい、「目に見えない構造部分のお話は、専門家にお任せします」となってしまうことが多いと思うのですが、実は、目に見えない構造や建築基礎の部分こそ大切 だということがわかります。

断熱材の使い方や種類、基礎工事の工法、家の気密性能、地盤の補強方法、など、一見、素人にはとっつきにくい話が続くのですが、知っているのと知らないのでは、数百万円単位の差が出ると思われます。 面倒くさくても、家を建てると決めたなら、これくらいの基礎知識は自衛のためにも持っておいて損はないでしょう。 

注文住宅ではなく、戸建てをこれから買おう、という方にも基礎知識として役立つと思います。ただ、この本を読んでしまったら、既存の戸建て住宅で満足できる性能の家はなさそうなので、結局注文住宅を建てよう、となりそうです。


本の著者について

この本は、ハイアス&カンパニーという会社の方が書いています。ハイアス&カンパニーは、不動産業界や建築業界向けに、高性能住宅の導入や工法をパッケージにして販売する事業と、消費者向けの資産運用情報提供事業を展開しているようです。

会社のウェブサイトはこちら:http://www.hyas.co.jp/
消費者向け情報サイトはこちら:http://www.happyrich.jp/



ハッピーリッチアカデミーファンサイト参加中

0 件のコメント:

コメントを投稿