2013年7月25日木曜日

映画「風立ちぬ」



公開されたばかりの映画「風立ちぬ」を観ました。 実は、ジブリ作品はあんまり観ていないのです。 「千と千尋の神隠し」をDVDで観たくらい。 今回は夏の時期でもあり、戦争がテーマ、と聞いていたので、どんな話なのだろうと興味深々。 泣いてしまったらどうしよう、、と少し心配しながら出かけました。

関東大震災からはじまり、時代背景を丁寧に、しかもこれ以上ないくらいに美しく描いていくのは、さすがはジブリ映画、と思います。 久石譲の音楽も、相変わらず美しいです。

お話は、けっこうドラマチックなのですが、主人公の語り口は終始淡々としていて、感情をあらわにする場面はわずか。 だからこそ、感情がよく伝わる、という面もあるのでしょう。

宮崎駿監督が、試写会で涙した、という記事を読んだので、最後は、涙涙、のエンデイングを期待(?)していたのですが、そういうわかりやすい形ではなく、もっとしみじみ、という終わり方でした。

典型的な宮崎駿監督アニメ作品、というのとはおそらく違うのだろうな、と思いながら観ました。


0 件のコメント:

コメントを投稿