2013年7月21日日曜日

ピーターパンx2


2日間続けてピーターパンを観劇しました。

ひとつめは、ホリプロのミュージカル、ピーターパン。有楽町の東京フォーラムで上演中。榊原郁恵さんが初代で、今は9代目の歴史あるプロダクションです。


もうひとつは、中野の小劇場で上演された、天幕旅団の「波よせて、果てなき僕らの宝島」(ネバーランド)です。



ホリプロのピーターパン

さすがはロングランのミュージカル、完成度が高く、最初から最後まで楽しめました。 主役の唯月ふうかさん、かわいいし歌もうまい! 小さいお子さんも多いので、2回の休憩をはさんだり、観客も巻き込みながら、あきさせない工夫が随所に見られます。

だからといって、内容は子供だましじゃなく、シナリオも演出も、パフォーマンスもしっかりレベル高い。 最後には、とっても前向きで楽しい気持ちで帰途につける、Feel-Good Story、気持ちの良い話です。

天幕旅団のピーターパン

いっぽう、中野の小劇場 ザ・ポケットで上演の、天幕旅団のピーターパン。 こちらは、宝島とピーターパンの話を組み合わせて、ちょっとダークなツイストを足したお話です。

舞台は、珍しい両側から観客が舞台を挟みこむ形。ただでさえ小規模の劇場ですから、役者さんの息遣いが聞こえるくらいに近い、です。 小規模な空間ならではの迫力、工夫をこらした演出に、こちらも小劇場ならではのよさを感じました。

フック船長さんを演じていた役者さんがいい味を出していて印象に残りました。


まとめ

メジャーな大劇場での観劇も、小劇場の演劇にも、両方出かけますが、どちらにもそれぞれの楽しみ方、よさがあります。 同じ話で、ふたつの演出を見ることはまれなので、比べながら楽しんだ週末でした。




0 件のコメント:

コメントを投稿